NAKAE ARCHITECTS INC.

HOME

Works

NE apartment

INDEX

This 8-unit rental apartment house complex was designed to house motorcycle enthusiasts, with a built-in garage included in every unit.

バイク愛好家を入居者として想定した全8戸の賃貸集合住宅である。各住戸内にバイク用のビルトインガレージを計画することが求められた。

The building is located on a flag-shaped plot near the apex of a triangular block, with a certain degree of open space toward the main road to the south. The c-shaped design was a practical decision to allow the residents to access their apartments through a common alley that leads right to the center of the complex. The wall on the entrance side was curved to provide maximum space on the outside, while guaranteeing sufficient volume for each apartment unit and wall length to fit 8 entrance doors. The resulting little square avoids giving the impression of a narrow and dark dead end, and allows the residents to rotate their bikes easily.

三角州状の街区の頂点近くに残された旗竿敷地に建ち、大通りに対して正面を向けた隣接建物との間に三角形の残余空間が散在しているため、ところどころに隙が感じられる。路地状の通路から共有の外部空間を介して各住戸にアクセスを取ることになるため、配置可能な最大ボリュームの中央に向かって通路を突っ込んだ、コの字形の長屋形式による計画が合理的であった。路地の行き止まりのように、細長く、暗い谷底のような空間になってしまうことを避けるため、必要な住戸のボリュームと8戸分のエントランスに求められる壁面長を確保しながら、できるだけ広がりのある外部空間になるよう、壁面を円弧状に大きくカーブさせることを考えた。バイクの転回が容易になるだけでなく、通路というよりは広場のような、行き止まり感のない明るい空間になっている。

広場を中心に放射状に配した7枚の壁は、途中緩やかにカーブし、角度を変えて、隣地境界と接する外周の壁面と直交している。小さな隅がいくつか集まって、ひとつの空間をつくっているが、隅と隅とがカーブによって結ばれることで、単一では小さなそれらに空間的な広がりを与えている。道路からアプローチの通路、共有の広場、各住戸のガレージ、上階の居室へ、住まい手の行為と同様、道路の延長のように空間もなめらかにつながっていく。

The walls separating each apartment unit were disposed in a radial pattern, each with a gentle curve that leads them to meet the external wall at a right angle. By connecting the angles of each room, the curved walls contribute to give the impression of a more spacious environment. The entire structure is designed as an extension of the road, smoothly following the movement of its residents as they drive through the alley, enter the central square, park their motorcycle in the garage and move upstairs to their living quarters.

それぞれの住空間は洞穴のようにも感じる。思えば今回の設計は、岩山を開拓し、広場をつくり、そこから8つの洞穴を掘るような土木的な行為であったとも言える。周辺に散在する隙を狙って開口を穿ち、それぞれが楽しく、住みがいのある洞穴になるよう、できるだけ自由に、できるだけ丁寧に掘るよう心がけた。

ここではバイクという共通の趣味を持った入居者が生活する。没交渉になりがちな賃貸集合住宅にあって、切り開かれた岩山の洞穴に暮らす仲間として、自然とコミュニケーションが発生してしまうような、そういう場所になってくれるのではないかと期待している。

  • News
  • Works
  • Architect
  • Company
  • Contact
  • location
    Suginami, Tokyo, Japan
  • principal use
    apartment house
  • collaboration with
    Akiyoshi Takagi Architects
    Ohno Japan
    komorebi design
  • completion date
    December 2007
  • construction
    Fuzzy,Co.,Ltd
  • structure
    reinforced concrete and steel
    3 stories
  • total floor area
    289.02m2
  • photographer
    Hiroyasu Sakaguchi
  • Photo Gallery

©2011 NAKAE
ARCHITECTS INC.

Top of Page

  • News
  • Works
  • Architect
  • Company
  • Contact