NAKAE ARCHITECTS INC.

HOME

Works

Salon de thé Lausanne

INDEX

Salon de thé Lausanne, a long-established patisserie in Kanazawa City, had to relocate to a new site, due to opening of Kanazawa Outer Ring Road. They commissioned us to design their new shop at a site near the existing shop in the land readjustment project area. When we first started, the site was a bare open land marked by unpaved roads, with an unobstructed panorama of the beautiful Hakusan Mountain Range. It is a corner lot at an intersection on the 55m-wide ring road. Although it had a balanced square shape, the large corner cut with its length exceeding 20m was an obstacle to planning.

金沢市の外環状道路開通に伴い、移転することとなった老舗洋菓子店の新築計画である。移転先は既存店舗近くの土地区画整理事業区域内で、設計を始めた当初は舗装前の道路以外に何もない茫洋とした場所であったが、視界を遮るものなく目前に広がる白山連峰はとても美しかった。また、敷地は開通後の幅員が55メートルとなる環状道沿いの交差点の角地で、隅切り部分の長さだけで20メートルを超えており、敷地形状は整っているものの想像以上に計画の難しい場所であった。

クライアントであるオーナーパティシエから求められた主要な条件は2つあった。1つは、店舗とカフェスペースのほか、それまで別々の場所にあった自身の住まいと工場を一体として計画すること。もう1つは、なるべく多くの駐車台数を確保し、接道する2つの道路からスムーズに駐車場にアクセスできるように計画することである。地方のロードサイドのコンビニエンスストアのように、ほぼ全ての来客は車によるものと想定され、建物の配置については駐車場の計画が最優先事項となっていた。

このような与条件に対して私たちがもっとも悩み、時間をかけて検討したのは、駐車場の問題をクリアしつつ、周辺に対して建物の存在感をどのように生み出すか、ということであった。ここで目指していた存在感とは、パチンコ店のような巨大で大味な佇まいではなく、いかにも短期間で淘汰されそうな飲食店のごとく虚飾に満ちた派手さでもない。それらとは逆に、小さいながらも上品で、何十年経っても消費されない普遍性をあわせ持ち、それでいて55メートルもの幅員の道路の反対側から見ても鮮烈な印象を与えるような、そういう存在感を持った店舗建築を実現したかった。

Our client, who is the shop owner and master patissier, gave us two requests: Firstly the main feature was a shop and café, but he also wanted to integrate a factory and his house, which had been situated in a different place, into this program; Secondly he wanted to us to provide car parking with the maximum capacity, which allows for easy access from/to the two adjacent roads. Most customers are expected to arrive by car, which is typical in suburban roadside shops such as convenience stores. Therefore the car-parking plan was the priority issue in determining the building location.

We spent much effort and time to study how to create a strong architectural presence in this environment while resolving the car parking issue. What we wanted was not something monolithic and unsubtle like pinball parlors, nor something like superficially embellished restaurants that might go out of business anytime soon.

Here we wanted to build architecture of a modest scale, which exerts a strong architectural presence with a sense of elegance and a universal quality that stand the test of time. This shop should give a strong and vivid impression when it is seen from across the 55meter-wide ring road.

45度の直角二等辺三角形の光庭に面して3つの直方体のボックスを配置する。それが私たちのたどり着いた回答である。55メートルの道路に対してはこれくらいの単純明快さが必要だと考えた。

We reached the final plan, in which three cuboid boxes are situated around the right-angle isosceles triangle light court. We believe that simplicity and clarity are the key to counterbalance the scale of the 55meter-wide road.

ボックスはすべて同じ高さ(7.25メートル)であるが、その1つは2階建ての住宅、もう1つは平屋の店舗、最後の1つは2階にカフェ、1階に工場の一部を計画している。三角形の光庭は店舗の床面から2メートル持ち上げ、その下部も工場のスペースとし、店舗と接続している。店舗のボックスには巨大なポーチを設け、20メートルの隅切り部に寄せて配置することで建物のファサードを交差点に近接させると同時に、2つの道路に面して配置した駐車場を敷地内でつないでいる。

The three boxes have the same height; the first one is a two-story house; the second one is a one-story shop; and the third one accommodates a cafe on the second floor and a part of the factory on the first floor. The triangular light court is elevated 2 meters above the shop floor level and accommodates the factory space underneath which is connected to the shop. Spacious front porch is provided inside the shop box adjacent to the 20-meter wide corner cut, and the shop facade is situated facing the intersection. Two parking lots along the frontal roads are connected by an entrance passage through the front porch.

Each box has a large frame-like opening in the wall. When seeing from the intersection, one can observe a sequence of framed interior and exterior spaces in multiple layers. In section, floor levels are gently elevated to generate gradual changes in space. These sequential layers create a multiple depth in space, where the detailed scale of the subtle art of pastry and the urban scale of the 55-meter wide road are integrated to achieve this unique spatial quality.

それぞれのボックスの壁面には大きな開口部が空けられており、その開口部は窓というよりも巨大なフレームのように見える。例えば交差点からはポーチ、店舗、光庭、カフェと連続的にフレーミングされた内外の空間が重層的に見えてくる。断面においても交差点からカフェへと少しずつ床のレベルを上げ、段階的な変化を与えている。このように空間を重層化することによって、建物の印象を薄っぺらで表面的なものではなく、多重な奥行きをつくり出し、その重なりの中にケーキという職人的で繊細なスケールと55メートルの道路という都市的なスケールの両方を同時に許容するような空間のクオリティを追求した。

Exterior finish is a custom-made brick tile, and the beautiful color appears radiant and elegant in any weather- under the blue sky, in the rain, or in the typical snowy landscape of Kanazawa in winter. High ceiling is clearly visible from outside; stand lighting, equipped with both upper and down lights, is integrated in showcases in order to achieve the beautiful smooth ceiling without lighting fixture.

From the cafe, one can observe the vibrant urban movement at the intersection through the multiple spatial layers, and simultaneously appreciate the beautiful panorama of the Hakusan Mountain Range in the distance. We hope that this shop will become a distinct landmark in the new townscape, which will eventually be appreciated like Mt. Hakusan.

外壁には特注のレンガタイルを採用している。青空でも雨に濡れても、冬の雪景色の中でも映える、上品で美しい色に仕上がった。また、高い天井は外部からもよく見えるが、ショーケースの家具製作に合わせて一体的にデザインされた特注のスタンド照明(それぞれのシェードの中にアッパーとダウンを共に格納している)によって、機器類のないプレーンで美しい天井を実現することができた。

カフェからは重層化された空間を通して交差点を見下ろし、遠くには白山を望むことができる。交差点の対岸から見えるこの店舗もまた白山のように凛とした存在として、始まったばかりの新しい街の風景の一部となることを願っている。

  • News
  • Works
  • Architect
  • Company
  • Contact

©2011 NAKAE
ARCHITECTS INC.

Top of Page

  • News
  • Works
  • Architect
  • Company
  • Contact